雰囲気みたいな、なんかわからん物

2019/11/18 靴について

自分の靴を見て、ノスタルジックな気持ちになる時がある。
貧しいのに、良い靴を母が買ってくれたのを思い出すからなのか、
ゴミ箱から拾って来てくれた靴を履くのが恥ずかしかったのではなく、ソールがえらい黄ばんでたのが恥ずかしかったからなのか。
密かに、放送作家の高須さんにも履いてもらっていて、あの方の作家としてのテーマが郷愁なんだとか。
僕はおでこ靴をテーマとしてるけど、フォルム以外の裏テーマとして、哀愁とか
懐かしさを意図的に入れている。
ビンテージ感とか、そういう事ではない。
そういった事を感じ取ってもらえると嬉しいし、説明せずに出せる様にならないとと思っている。その部分は、芸術でも何でも同じだと思う。人間磨こう。

Looking at my shoes makes me feel nostalgic. Is it because I remember that my mother bought me good shoes even though I was poor? I wasn't embarrassed to put on the shoes that I picked up from the trash, but I was embarrassed that the sole was very yellow. Secretly, Takasu, a broadcast writer, is wearing it, and the theme of that writer is nostalgic. I'm on the theme of forehead shoes, but as a back theme other than the form, sorrowful Nostalgia is intentionally added. It's not that vintage. I am glad if you can feel such a thing, and I will not be able to come out without explaining it. I think that part is the same for art and anything. Let's polish humans.

#volpi
#toiano
#hoween
#shellcordovan
#シェルコードバン
#ヒラキヒミ。
#おでこ靴
#ジブリ靴
#ghiblishoes
#革靴
#leathercraft
#leather
#ルパン靴
#銭形靴
#ハンドソーンウェルテッド製法
#グッドイヤー
#ノルウィージャンウェルト製法
#レザーシューズ
#leathershoes
#ハンドメイド
#shoemaking
#shoestyle
#shoestagram
#shoemaker