打ち込んだ事があるという経験の大切さ!

2020/7/15
靴屋です。
 
昨日友人の努力について書いて、ふと思った事がありました。
何かに打ち込んだ事がある人と無い人は、話していると何となくわかる感じがする。
打ち込んだ経験がある人は、挫折の具合がわかる様になる。
新しい作業をすると当然失敗するのだが、失敗具合がどれくらい修正を重ねれば成功まで持っていけるかが分かってくる。
時には全く見えず絶望しか感じ無い時がある。
この感覚を持つには、何かに打ち込んだ経験が必要。
人がまず得られるこの経験は、勉強になってくるのかな。僕は、この経験を捨ててしまった。
学業で経験値を得た人には、中々勝てない。
しかしながら、部活に打ち込んで少し経験値を得た。他にも打ち込んだものがあり、この感覚はすべての事に転換できるという事もわかった。
 
この感覚を持って無い人と話すと大丈夫かぁ?と思ってしまう。関係性を築くことをためらう。
何かに打ち込むという事って本当に大切。
 
絶望を感じた事を乗り越えた人は、僕レベルの人に思うところがあるんだろうなと思ったので、やはり常に戦い続ける必要があるな、と改めて考えさせられる。